バナー

レーザー脱毛を受ける時に気をつけておきたいこととは

レーザー脱毛で体毛を処理する場合は、どのような点に気をつけるべきでしょうか。

まずレーザーを使いますので、施術中に痛みが走ることがあります。


輪ゴムでぴんと弾かれるような痛みですが、我慢できない時はスタッフにそのことを伝えて、出力を止めてもらうようにしましょう。

そのままにしておくとダメージが出てしまいます。

もしダメージが出た場合でも、レーザー脱毛はクリニックで行いますので、薬を処方してもらうことができます。

しかし、施術中は痛まなかったのに、帰宅後に痛み出した場合はどうなるのでしょうか。

その時はまず、痛む部分を冷却シートなどで冷やし、痛みが治まってから、レーザー脱毛を受けているクリニックに行くようにしてください。

ダメージの度合いによって、今後脱毛処理を続けるかどうかが判断されます。
くれぐれもそのままにしておかないようにしましょう。


放っておくと、毛嚢炎という皮膚病に罹ってしまうことがあります。


それから、レーザー脱毛は毎月通うわけではありません。

あなたのご要望に応じたminp!に関する疑問が解決できます。

毛周期に合わせて通います。

この毛周期とは、体毛が生え変わるサイクルのことで、このサイクルに沿って処理を行うのが一番効率がいいので、大体2か月から3か月に1度の割合になります。

横浜のレーザー脱毛情報がリニューアルしました。

通常の脱毛処理は6回ですので、すべてが終わるまでに1年から1年半かかる計算になります。

福岡のレーザー脱毛の情報を掲載しませんか。

ですからレーザー脱毛を受ける時は、その分の余裕を見て通うようにしましょう。

来年の夏までに脱毛したいのであれば、今年の夏ごろから通い始めるのがお勧めです。